外付けhddの不具合に対処する術とは【データと付き合っていこう】

不具合が生じたら

変な音がしだした時は外付けのhddに不具合が発生しているかもしれません。大切なPCのデータを守る為に修理煮出しましょう。

データ保存の鉄則

Hard disk

現代は仕事においても趣味においても、万事デジタルデータで記録を残す時代です。 デジタルデータそのものは、劣化もなく大変便利なものですが、それを記録する媒体は劣化しますし不具合も生じます。 又、人間が操作する以上ミスが絶対に起こらないという保証はありません。 コンピュータウィルスも蔓延しており、どんなに注意していてもその被害に遭わないとは言い切れません。 デジタルデータの恐ろしい所は、消えるとゼロになってしまう点です。 内臓、あるいは外付けhddやSSD、SDカード、USBフラッシュメモリ、DVDなどに保存したデータは、その記録媒体に不具合が生じた場合消えてなくなってしまいます。 ですから、消えて困る大事なデータは必ず複数個所、手段でバックアップを取っておきましょう。クラウドストレージなども利用すると良いでしょう。

不具合が起こったその時は

バックアップ手段として、外付けhddを使用している方は多いと思います。 外付けhddは外へ持ち運ぶことができ、データのやり取りには大変便利なものです。 しかし、hddは消耗品であることを忘れてはいけません。どんなに大事に使っていても、故障する可能性があります。そのことを忘れず、常に万が一の事態に備える必要があります。 外付けhddを使用中、急にデータの読み込み、書き込み速度が遅くなったり、書き込みエラーが生じたり、あるいは異音がするなどの不具合が起こった場合、もし別媒体に保存していないデータがあれば早急にバックアップを行いましょう。 その後、Windowsパソコンであれば「 ディスクチェック 」というツールで不具合を確認してみましょう。 もしhddに損傷があると分かった場合、そのhddは使用を中止するか、消えても構わない一時的なデータ保存媒体として使うことをお勧めします。 保証期限内であればメーカーにhddの交換を依頼しましょう。

データを完全に抹消

Hard disk

残ってしまっているデータを個人で徹底的に抹消する事はとても難しい事とされています。そこでデータ消去サービスを利用すればいいのです。サービスを利用すれば不要なデータは抹消される事になります。

» 詳細を確認する